メニュー
閉じる

SERVICE

給水設備工事

給水設備工事

量水器まわり給水配管改修工事

量水器まわり給水配管はマンションの給水設備の中で最も劣化が進行しやすい箇所なので、同様の劣化を起こさないような材質を使用して改修工事を実施します。
※地域により使用する材質は異なります。
※劣化状況にもよりますが、築15年前後で必要になる工事です。

使用する部材例

居住者様が使用する水道水を今後長期にわたって「安全・清浄・確実に使用できること」を目的とし、錆の発生している配管を錆びない(錆びにくい)材質に変更します。

共用部給水竪管改修工事

マンション建物全体に行き渡る共用部給水竪管を、劣化に強く耐用年数が非常に長いステンレス製や樹脂製の配管に取り替えます。
※劣化状況にもよりますが、築30年前後で必要になる工事です。

メリット

・ステンレス管・樹脂管の為、錆による劣化はありません。
・耐震性、耐食性に優れており、高品質を維持します。
・配管が軽く、可とう性もある為、施工性が高く工期短縮に貢献します。
・樹脂管の接続は電気融着の為、継手抜け等が無く安心してご使用できます。

専有部給水・給湯管改修工事

従来は大規模な工事を要しましたが、現在は下図の通り、数カ所の開口・点検口を設置することで、専有部内の給水・給湯管を改修することが可能になりました。
※間取りのタイプ毎、お部屋毎に現地調査を実施する必要があります。
※劣化状況によりますが、一般的に築20〜30年前後で必要になる工事となります。


①住戸タイプ別の現地調査を行い、概算見積を作成致します。
②ご発注いただいた後、全戸の現地調査を実施し、開口・点検口の箇所、配管ルートなど、お客様に説明を行います。
③規模により1、2世帯程度、テスト施工を実施し、実施にあたって施工上の問題がないか、確認を行います。
④全戸、日程調整→着工→納品。

改修範囲サンプル

施工事例 イメージ図

作業の流れ